横浜市 港北区 特定保健指導 医療法人 健水会

医療法人 健水会

TOP  理事長挨拶  役員紹介  内藤外科胃腸科医院  あすなろ  治験  各種健診  特定健診(特定健康診査)  特定保健指導
経鼻内視鏡検査  お問合せ  スタッフ募集  プライバシーポリシー  免責事項  リンク  サイトマップ
ケアマネステーション あすなろ
トップ>各種健診>特定保健指導
医療法人 健水会のコンセプト
医療法人 健水会 経営コンセプト
◆特定健診(特定健康診査)◆
◆特定健診(特定健康診査)対象者◆
40歳~74歳までのすべての国民
①医療保険加入の被保険者(本人)
②被扶養者(家族)
***保険種別***
①社会保険(会社などの保険)
②国民健康保険(自営業など)
③組合保険
④共済保険
⑤政府管掌健保
日本人の死亡要因の約60%が、
「がん」、「心臓病」、「脳卒中」などの
生活習慣病です。
生活習慣病には、高血圧、高脂血症、
糖尿病が原因の多くを占めております。
また、生活習慣病というのは、
それぞれが個々の別の病気
ということではなく、特に内臓に脂肪が
蓄積した肥満が原因であることが
わかりました。
この生活習慣病の予防の
抜本的な対策として、平成20年4月から
特定健診というものを制度化し、
対象者に健診を義務付けることにより、
メタボリックシンドロームや
その予備軍とされている方を
早期に発見し、生活の改善や
予防という観点での支援を行う
保健指導に重点をおく
特定健診制度がはじまります。
◆特定健康指導◆
特定健診を受けられた
対象者の方々に対しては、
その健診結果によって生活習慣病の
発症リスクを軽減するために、
「積極的支援」、「動機付け支援」、
「情報提供」という3つのグループに
階層別に分類し、医師、保健師、
管理栄養士などの専門家が
独自の改善プログラムに沿って
保健指導を行います。
こんな制度もはじまる!
◆後期高齢者医療制度◆
特定健診(特定健康診査)と
特定保健指導と同様に、
2008年4月より新たに
後期高齢者医療制度もはじまります。
後期高齢者医療制度とは・・・。
①75歳以上(後期高齢者)は強制加入
②年金から保険料が天引きされる
③保険料を滞納したら保険証を没収される
④保険で受けられる医療が制限される
◆医療法人 健水会より◆
スタッフ募集
医療法人 健水会では、医療関連、
福祉関連スタッフを募集しております。
ご希望の方は、お電話、もしくは
スタッフ募集からお申し込みください。
◆募集スタッフ◆
ケアマネージャー
看護師
③支援相談員
④介護スタッフ(介護福祉士、ヘルパー)
⑤OT(作業療法士)

☞スタッフ募集のページへ
◆特定保健指導について◆
特定保健指導とは、特定健診(特定健康診査)における検査結果および診断で、
受診義務のある各保険者に対して行われる健康指導です。
特定保健指導を受けられる際には、医師、保健師、管理栄養士などから、
生活習慣病に関する知識を教えられます。
また、メタボリックシンドロームや予備軍と判定された場合には、
食事や運動などの指導を、最高で6ヵ月にわたり指導を受けることとなります。
その対象者となった方々に対しては、健康指導と同時に、
正常範囲内の数値にするための達成すべき目標も与えられ、
達成状況に応じては後期高齢者支援金が±10%の範囲で加算されたり減算されたりします。
さて、ここで特定健診(特定健康診査)のレベル分け基準の復習です。
①血糖
空腹時血糖100mg/dl以上、または、HbAlcが5.2%以上、または、薬剤治療を受けている場合。
②脂質
中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満、
または薬剤治療を受けている場合。

③血圧
収縮期血圧130㎜Hg以上、または拡張期血圧85㎜Hg以上、または薬剤治療を受けている場合。
④喫煙歴の有無
上記の①~③の1つ以上が該当した場合のみカウントされる。

【Aグループ】(胴囲が男性で85㎝以上、女性で90㎝以上の人)
■該当項目が2個以上の対象者
→積極的支援レベル
■該当項目が1個の対象者→動機付け支援レベル
■該当項目が0個の対象者→情報提供レベル

【Bグループ】(胴囲が男性で80㎝、女性で90㎝以下でBMIが25以上の人)
■該当項目が3個以上の対象者→積極的支援レベル
■該当項目が1~2個の対象者→動機付け支援レベル
■該当項目が0個の対象者→情報提供レベル
◆特定保健指導の具体的な概要◆
★積極的支援レベル
①特定健診(特定健康診査)の検査結果から身体状況を理解した上で、
 生活習慣との関連が認識できるための内容を絞り込み、健康指導プログラムによって実施する。
②対象者が自ら行動変革を意志決定し、それに基づく継続的な実践が可能にするための
 健康指導プログラムによって実践する。
★動機付け支援レベル
①特定健診(特定健康診査)の検査結果から身体状況を理解した上で、
 生活習慣との関連が認識できるための内容を絞り込み、健康指導プログラムによって実施する。
②健康的な行動変革をの必要性を理解していただくための内容を盛り込み、
 その必要性を対象者本人が理解でき、またそれを意識するための
 健康指導プログラムによって実践する。
★情報提供レベル(特定健診対象者全員が対象となる)
①健康的な生活習慣や生活習慣病の行動意識を高めるための内容で指導する。
 その内容には、健診データや生活主観に照らし合わせた将来展望までも盛り込む。
②生活習慣の改善を意識させるための基本的な内容や方法を指導する。
◆特定保健指導の実施スケジュール◆
特定保健指導
(動機付け支援スケジュール)

自己負担;\7,000~\12,000
特定保健指導
(積極的支援スケジュール)

自己負担;\30,000~\60,000
【事前】
・問診票
・食事・行動記録日誌(2日分)
【事前】
・問診票
・食事・行動記録日誌(2日分)
【初回面接】
・個人面接;30分
・集団指導(8人)1時間30分
・生活習慣の振り返り
・生活習慣改善シートの作成
(改善目標の設定)
【初回面接】
・個人面接;30分
・集団指導(8人)1時間30分
・生活習慣の振り返り
・生活習慣改善シートの作成
(改善目標の設定)
【1ヵ月経過】
・生活習慣改善チェックシートの状況チェック
(郵送、メール、電話)
【2ヵ月経過】
・生活習慣改善チェックシートの状況チェック
(郵送、メール、電話)
【3ヵ月経過】
・生活習慣改善チェックシートの状況チェック
(郵送、メール、電話)
【3ヵ月経過】
・個人面接;30分
・3ヵ月の取り組みの振り返り(評価)
・目標設定の見直しと再設定
【4ヵ月経過】
・生活習慣改善チェックシートの状況チェック
(郵送、メール、電話)
【5ヵ月経過】
・生活習慣改善チェックシートの状況チェック
(郵送、メール、電話)
【6ヵ月経過】
・6ヵ月の取り組みの振り返り(評価)
(郵送、メール、電話)
【6ヵ月経過】
・個人面接;30分
・6ヵ月の取り組みの振り返り(評価)
・「1年後になりたい自分」を考え、目標を設定。
・セルフケアを高めるためのサポートを行う。
◆特定健診(特定健康診査)および特定保健指導に関わる費用◆
特定健診(特定保健指導)に関しては、各保険種別ごとに設定されるために
個々に案内がきます。
たとえば企業では、社会保険としてそれぞれの企業様の保険組合で実施されている
健診の中に盛り込まれるように、その他の保険種別においても同様です。
問題は、特定健診(特別健康診査)後の特定保健指導に関してです。
ここからは、対象者のレベルに応じて個々に別途費用がかかります。
***動機付け支援の場合***
★自己負担金として、\7,000~\12,000ほどかかります。(現時点での推測費用)
★指導期間は、半年(6ヵ月)
***積極的支援の場合***
★自己負担金として、\30,000~\60,000ほどかかります。(現時点での推測費用)
★指導期間は、半年(6ヵ月)
◆医療法人 健水会 から特定健診に関するお知らせ◆
医療法人 健水会では、各種法人様および一般の皆様からの
特定健診に関するお問い合わせを受け付けております。
法人、一般企業のご担当者様をはじめ、一般の方々におかれましても、
どうぞお気軽にお問い合わせください。
◆特定健診(特定健康診査)に関するお問い合わせ◆
医療法人 健水会 本部事務局045-562-6771
お問い合わせフォーム
トップページ>特定保健指導
医療法人 健水会 特定保健指導
Copyright (C)医療法人 健水会 2008, All Rights Reserved