横浜市 港北区 特定健診(特定健康診査) 医療法人 健水会

医療法人 健水会

TOP  理事長挨拶  役員紹介  内藤外科胃腸科医院  あすなろ  治験  各種健診  特定健診(特定健康診査)  特定保健指導
経鼻内視鏡検査  お問合せ  スタッフ募集  プライバシーポリシー  免責事項  リンク  サイトマップ
ケアマネステーション あすなろ
トップページ>各種健診>特定健診
医療法人 健水会のコンセプト
医療法人 健水会 経営コンセプト
◆特定健診(特定健康診査)◆
◆特定健診(特定健康診査)対象者◆
40歳~74歳までのすべての国民
①医療保険加入の被保険者(本人)
②被扶養者(家族)
***保険種別***
①社会保険(会社などの保険)
②国民健康保険(自営業など)
③組合保険
④共済保険
⑤政府管掌健保
日本人の死亡要因の約60%が、
「がん」、「心臓病」、「脳卒中」などの
生活習慣病です。
生活習慣病には、高血圧、高脂血症、
糖尿病が原因の多くを占めております。
また、生活習慣病というのは、
それぞれが個々の別の病気
ということではなく、特に内臓に脂肪が
蓄積した肥満が原因であることが
わかりました。
この生活習慣病の予防の
抜本的な対策として、平成20年4月から
特定健診というものを制度化し、
対象者に健診を義務付けることにより、
メタボリックシンドロームや
その予備軍とされている方を
早期に発見し、生活の改善や
予防という観点での支援を行う
保健指導に重点をおく
特定健診制度がはじまります。
◆特定保健指導◆
特定健診を受けられた
対象者の方々に対しては、
その健診結果によって生活習慣病の
発症リスクを軽減するために、
「積極的支援」、「動機付け支援」、
「情報提供」という3つのグループに
階層別に分類し、医師、保健師、
管理栄養士などの専門家が
独自の改善プログラムに沿って
特定保健指導を行います。
スタッフ募集
医療法人 健水会では、医療関連、
福祉関連スタッフを募集しております。
ご希望の方は、お電話、もしくは
スタッフ募集からお申し込みください。
◆募集スタッフ◆
ケアマネージャー
看護師
③支援相談員
④介護スタッフ(介護福祉士、ヘルパー)
⑤OT(作業療法士)

☞スタッフ募集のページへ
◆特定健診(特定健康診査)について◆
ご存じですか?・・・
2008年4月からはじまった新しい特定健診(特定健康診査)
各種健診のページでは特定健診(特定健康診査)の概要をご説明させていただきましたが、
この特定健診(特定健康診査)のページではもう少し細かくご説明させていただきます。
まずは、特定健診(特定健康診査)の復習です。
今回新たに義務付けられる特定健診というのは、メタボリックシンドロームの健診が
2008年4月から国民や企業に義務付けられるということです。
対象となるのは、年齢が満40歳から74歳までの全保険者と、その家族(被保険者)です。
この健康診査でメタボリックシンドロームの診断基準に該当した方は、
その基準値のレベルに応じて特定保健指導を受けなければならなくなり、
その特定保健指導にかかる費用は、企業負担もしくは個人負担となります。
◆国(厚生労働省)の政策と動き◆
特定健診(特定健康診査)というのは、今回、国が決めた制度です。
その背景にあるのは、昨今の三大成人病や疾病などの原因ともいわれる、
このメタボリックシンドロームという社会問題化している疾病に対して、
注意喚起していくと同時にメタボリック予備軍も含めた
予防的政策として打ち出されたものです。
これらのメタボリック対象者とその予備軍も含めて、健康促進を打ち出し、
国民全体の健康を向上させることにより、医療費を抑制するためのものなのです。
国はこの特定健診(特定健康診査)と特定健康指導を
新たな健康維持政策として打ち出すにあたって、
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の患者数を
平成24年までに25%の削減を目指しているのです。
◆特定健診(特定健康診査)の具体的な概要◆
満40歳から74歳までの方々は全員が特定健診(特定健康診査)の受診が義務付けられますので
社会保険や国民健康保険の対象者全員がこの健診を受けていただくことになります。
対象人口は全国で約5,600万人といわれています。
特定健診(特定健康診査)の判定基準
特定健診(特定健康診査)によって出された健診結果より、基準値を上まった対象者に対して、
内臓脂肪の蓄積状況に応じて以下の方法で判定される。
           項目 基準値
内臓脂肪型肥満 腹囲
男性;85㎝以上
女性;90㎝以上
※男女共に内臓脂肪100c㎡に相当
           上記に加え、以下のうち2項目以上が該当
(1項目が該当の場合は予備軍)
高血糖 空腹時血糖 100mg/dl以上
脂質異常症 中性脂肪
かつ/又は
HDLコレステロール
150mg/dl以上

 40mg/dl以上
高血圧 収縮時血圧
かつ/又は
拡張期血圧
130㎜Hg以上

 80㎜Hg以上
※上記が基準値となり該当者はメタボリックシンドロームとなる。
腹囲プラスその他項目の該当数に応じてレベルに分けられる。
それによって保健指導の方法が決定される。
特定健診(特定健康診査)の手順
【一次グループ選別】
まずは男女別に内臓脂肪型肥満の基準以上とBMI測定結果でAとBのグループに分けられる。
【Aグループ】(胴囲が男性で85㎝以上、女性で90㎝以上の人)
【Bグループ】(胴囲が男性で80㎝、女性で90㎝以下でBMIが25以上の人)
【二次グループ選別】
①血糖
空腹時血糖100mg/dl以上、または、HbAlcが5.2%以上、または、薬剤治療を受けている場合。
②脂質
中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満、
または薬剤治療を受けている場合。

③血圧
収縮期血圧130㎜Hg以上、または拡張期血圧85㎜Hg以上、または薬剤治療を受けている場合。
④喫煙歴の有無
上記の①~③の1つ以上が該当した場合のみカウントされる。
***一次グループ選別にてAグループとなった人の場合***
上記の①~④の結果の該当数によって特定保健指導が変わる。
特定保健指導のページへ
■該当項目が2個以上の対象者→積極的支援レベル
■該当項目が1個の対象者→動機付け支援レベル
■該当項目が0個の対象者→情報提供レベル
***一次グループ選別にてBグループとなった人の場合***
■該当項目が3個以上の対象者→積極的支援レベル
■該当項目が1~2個の対象者→動機付け支援レベル
■該当項目が0個の対象者→情報提供レベル
このようにして特定健診(特定健康診査)が行われ、
その結果によって今度は特定保健指導を受けなくてはならないのです。
では、その特定保健指導というものはどういったものなのでしょう?
皆さんは「別に健康指導だからたいしたことではない」と思われている方も多いかと思います。
しかし、それがたいしたことではなく今回のこの制度のネックなのです。
この特定健康指導には、企業や個人がその費用を負担しなくてはならないのです。
ではどのくらいの期間で費用はいくらくらいかかるのか?・・・という問題ですね。
まだ正式な数字ではありませんが、上記の積極的支援の場合で約30,000円~60,000円。
動機付け支援の場合で、約7,000円~12,000円くらいになると思われます。
なお特定健診(特定健康診査)は、どこの医療機関でもできるわけではありません。
ぜひ早めにきちんと制度をクリアした医療機関をお探しいただき、
今のうちからご自身の「かかりつけ医」として事前にご相談いただくことが必要かと思います。
医療法人 健水会としても、特定健診(特定健康診査)に関してのお問い合わせは
随時お受けしておりますので、お気軽にご相談ください。
特定健診(特定健康診査)を受けられた方は、
そのレベルによって特定健康指導を受けなくてはなりません。
詳しくは
特定保健指導のページをご覧ください。
→特定保健指導のページへ
◆医療法人 健水会 から特定健診に関するお知らせ◆
医療法人 健水会では、各種法人様および一般の皆様からの
特定健診に関するお問い合わせを受け付けております。
法人、一般企業のご担当者様をはじめ、一般の方々におかれましても、
どうぞお気軽にお問い合わせください。
◆特定健診(特定健康診査)に関するお問い合わせ◆
医療法人 健水会 本部事務局045-562-6771
お問い合わせフォーム
トップページ>特定健診(特定健康診査)
医療法人 健水会 特定健診(特定健康診査)
Copyright (C)医療法人 健水会 2008, All Rights Reserved